今月の輝いている人

今月の輝いている人~石脇麗さん

今輝いている女性、ビジネスウーマンをご紹介しています。

今月は
ラインスタンプ作家として活躍されている 石脇麗さんです。

 

◆インタビュー◆

◆今日は、
ラインスタンプ作家として活躍されている石脇麗さん にインタビューさせていただきました。

石脇さん 今日はよろしくお願いいたします。
最初に 自己紹介をお願いいたします。

 

ラインスタンプ作家の石脇麗と申します。
「しらぺちーの」というアーティストネームで、作品を発表しています。
現在、作品は全3作。 スマホだけで制作、申請登録しております。

★:しらぺちーの のスタンプリスト

◆ 石脇さんは どのようなきっかけで現在のお仕事を始められましたか?

LINE登録は2015年の2月ぐらいと遅かったのですが、元々キャラクターものが好きだったので、スタンプにはまってしまい、気がつけば有料のものだけで150種類所有するほどになってました。
そのうち『より自分の気持ちにあった絵でスタンプ作りたい!』と思うようになりました。
しかしパソコンを持っていない。でも作ってみたい!ということで『スマホだけでラインスタンプを作る方法』をひたすら検索して、自分でも出来るやり方を模索していきました。
第一作の販売許可が下りるまで3ヶ月はかかったと思います。
スマホは当時は推奨ブラウザではなかったのですが、最近LINE Creators Studioというアプリが出来てスマホからも作成可能になりました。

◆ 今の仕事で、どのような苦労したことや大変だったことがありましたか?

専門用語(例えば絵のサイズは○○ピクセルに合わせて…、ピクセルって何?)を理解するのに時間を要しました。
それとラインスタンプの申請は『原則はパソコンでしか受け付けません』ということなので(私はそこをかいくぐった、スマホだけでも申請できる方法が書いてあったサイトを参考にしたのですが)エラーが出たときの修正にすごく時間がかかりました。
唯一の救いが経験者(パソコン登録からすでに複数作品を販売していて、売上もかなりある)の友人がいたことです。
気持ちが萎えそうになったとき彼女の話が役にたちました。(審査の長さとか審査の結果不具合を修正してからの再申請→承認までの道のりとか。)

◆自分好みのスタンプを作りたいという気持ちが、地道に研究してスマホからの申請も可能にしていったのですね。この仕事のやりがいはどんなところでしょうか。

そうですね、仕事というにはまだ売上は微々たるものなのですが…(笑)。
自分の好きに邁進していけることでしょうか?
商品として『自分が使わないものは描かない』という気持ちで取り組んだあまりにスタンプ内の40個のシチュエーションが特殊過ぎる(特に第一作作成時よくラインをする友達グループで、ロシアや何種類かの食べ物がブームだったのです。)のですが、それでも構わず描きました。
自己満足の極みですね。
そして、一貫してモチーフは猫ですが、飼い猫がモデルです。
自分の猫愛発揮の場でもあるなと思っております。

 

◆「好き」を仕事にできるのは、幸せなことですよね!石脇さんは、この仕事を通してどのように変わりましたか。

『自分とはこんな人間なんです。』ということが 隠さずに言えるようになりました。
つい一年前まで家族にも内緒で絵を描いていたので 『育児そっちのけでスマホ中毒』とまで揶揄されて おりましたが、まず同居の実父母に自作の絵で ポストカードを作っている、多少売上があったこと を報告したり、ネット上の友人たちとも交流が あることを家族たちに開示するようにしました。

両親はネット内の付き合い否定派(見ず知らずの人は危ないとか昔気質)だったのでかなり勇気がいりましたが、実際私のスタンプを購入してくれたのはネット内の友人がほとんどなのでそういったお付き合いを認めて欲しい!私のやりたいことを認めて欲しい!と私自身がポジティブになることができました。

主人もどちらかというと私の活動には興味がないのですが、SNSで使うアイコンに似顔絵を描いて送ったら使ってくれているみたいなので、そこは密かに喜んでいます。

◆お仕事を通して、ポジティブになれたのですね!石脇さんの今を4字熟語で表すとしたら どんな漢字でしょうか。

『全身全霊』です。
大げさかもしれませんが、 心も体も今描きたいもの伝えたいものを その時のベストで全部出していく意気込みです。

◆石脇さんが、今一番集中して楽しんでいらっしゃることは何ですか。

何ですか。 友達とのおしゃべりかもしれません。
何気ない会話ですけども、毎日の生活に笑いと ゆとりと気づきをくれます。
さらにスタンプを作るヒントにもなっていたりします(笑)。

◆人生の中でいちばん嬉しかったことは何ですか。

嬉しかったことが多すぎて順位をつけるのが難しいですが、ある仮装大会で個人賞を頂き、Happyさんから金一封を頂戴したこと。
そして後日雑誌にも掲載されたのですが、表記が男性になっていたのはネタとして後世に語り継ごうかと思っています。

◆人生の中で何か後悔していることはありますか。

いろんな失敗や経験をしてきてこその今の私なので、 あまりないのですが、高校時代悩みすぎて 過敏性腸症候群になり学業がおろそかになった 時期がありました。
あまりにも他人の評価を 気にしすぎた過去の自分に
『大丈夫だよ!自分が一番だよ。 そうしたら人のことなんかどうでもよくなるよ!』
って言ってあげたかったなぁと少しだけ思う時があります。

◆石脇さんは、これからどのように生きていきたいですか。

スタンプ作家としては、その時の作りたいテーマをその時の100%発揮できるようにすること。
家庭では自分が我慢とか妥協していると余裕がなくなっていくので、とにかく我慢をしないこと

と書くと堅い感じですが、日々楽しく緩く生活できる幸せに感謝して生きていきたいです。

◆これから起業する方へのアドバイスをお願いいたします。

私の場合は画力が追いつかずに第一作を発表し、徐々に表現の幅を増やしていった感じですが、まずは今持ってることの全部を出して自分が自分の商品をまず楽しむ!
自分を褒める!次の創作意欲を高める。
モチベーションの上げ下げが大事かなとも思います。
乗らないときに取り組んでも、つまらない作品が出来ちゃうから思い切って休む!とか。
常に頑張ろうと張りつめるよりは緩むことも大事かと思います。

 

◆お忙しい中 ありがとうございました。これからもますますのご活躍を期待しております!